昭和35年度 北海道大学入試要項(募集人員・出願資格など)

昭和35年度 北海道大学入試要項』の『1. 募集人員』、『2. 出願資格』、『3. 出願手続』、『4. 出願書類受理期間』、『5. 入学検定料』、『6. 出願書類提出先』、『7. 出願書類の受理』、『8. 入学者選抜方法』を載せてみる。

ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。




昭和35年度 北海道大学入試要項

1. 募集人員 

文類(文・教育・法・経済学部に進むもの)約 270名 

理類(理・工・農・獣医学部および医学部薬学科に進むもの)約 730名 

水産類(水産学部に進むもの)約 190名

医学進学課程(医学部医学科に進むもの)約 80名


2. 出願資格
学校教育法第五十六条同施行規則第六十九条(文部省告示)で定めたもの。


3. 出願手続
1. 高等学校卒業または卒業見込みのもの。
次の書類を完備の上, 出身学校長を経由して出願書類受理期間中に本学教養部に提出すること。

(1) 本学入学志願者名票(必要事項を記入のこと

(2) 受験証票(必要事項を記入のこと

(3) 入学検定料金(金1, 000円也, 納付書の所定欄に志願の類名および住所氏名を記入のこと

(4) 健康診断証明書(本学所定の用紙を用いなければならない。なお同紙に記載された注意事項に従うこと

(5) 写真 2葉(名刺判半身, 脱帽, 正面向き, 昭和35年1月1日以降撮影のもの。うち一葉は裏面に志願の類名, 受験地, 氏名を明記し, 他の一葉は受験証票の指定欄に貼付すること

(6) 返信用封筒 1枚(10円切手を貼付しあて名を明記のこと

(7) 調査書(出身学校長の作成したもの

2. 高等学校卒業者でないもの。

前項の書類(調査書を除く)に入学出願資格証明書を添え出願書受理期間中に本人より直接本学教養部に提出すること。

3. 大学に在学中のものは当該学長の, また就職中のものは所属長の入学出願承認書を添えて提出すること。

注意 出願書類郵送の際は必ず書留便とし, 封筒の表に入学願書と朱書すること。なお遠隔の地にあるものは書留速達とするがよい。


4. 出願書類受理期間 

自昭和35年2月1日(月) 至昭和35年2月10日(水) 受理事務は平日午後4時, 土曜午前11時までとし, 日曜は取扱わない。なお期限後の到着は受理しない。

5. 入学検定料 
金1, 000円也, ただし検定料はいかなる事情があっても返さない。

6. 出願書類提出先 
北海道大学教養部 札幌市北八条西五丁目

7. 出願書類の受理 
出願書類の完備しているものはこれを受理し, 受験番号を記入の上, 受験証票を各自に返送する。この受験証票を試験場に持参しないものは試験を受けることができないから大切に保存すること。

8. 入学者選抜方法
学科試験および健康診断の結果と志願者出身学校長の調査書等にもとずきその総合判定によって合格者を決定する。

注意 (イ)文類志願者で入学後教育学部を第一志望とするものは特にその旨を志願者名票の指定欄に記入しなければならない。

(ロ)理類志願者で入学後獣医学部を第一志望とするものは特にその旨を志願者名票の指定欄に記入しなければならない。




昭和36年に北海道大学を受験する人のための教学社の本(いわゆる赤本)に載っていたもの。
「(36年度は未発表のため参考までに35年度のものを掲載した)」と書かれていた。
「出願書受理期間中に本人より直接本学教養部に提出すること。」、「志願者出身学校長の調査書等にもとずき」はそのまま入力した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック