1957年度(昭和32年度)一橋大学 入試 英語 第一次試験

1957年度(昭和32年度)一橋大学 入試 第一次試験 英語を入れておく。 ブログ記事であるので入力方法を変更したところがある。 1957年度(昭和32年度) 一橋大学 入試 英語 〔時間〕第一次 50分 第二次 150分   〔配点〕第一次 (50/98) 第二次 (250/750) 【第一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和33年度の一橋大学受験生向けの国語の傾向と対策

1958年度(昭和33年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 15, 16の『国語』の一部を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【国語】 【昭和30年度】 文学史・書取(1題) 西行論・和歌の濁点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和33年度の一橋大学受験生向けの生物の傾向と対策

1958年度(昭和33年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 13~15の『生物』を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【生物】 (出題の傾向)最近3年間の出題を内容からまとめてみると次表のようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和33年度の一橋大学受験生向けの物理・化学の傾向と対策

1958年度(昭和33年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 12~13の『物理』、『化学』を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【物理】 ・30年度 光(反射・屈折:出題なし 光度・照度:出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和33年度の一橋大学受験生向けの世界史・人文地理の傾向と対策

1958年度(昭和33年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 10~11の『世界史』、『地理』を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【世界史】 ・30年度 問題番号1 内容:西力東漸とアジアの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和33年度の一橋大学受験生向けの日本史の傾向と対策

1958年度(昭和33年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 8~9の『日本史』を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【日本史】 ・30年次 問題番号1 内容:荘園の発達 時代:奈良~桃山 形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和33年度の一橋大学受験生向けの数学の傾向と対策

1958年度(昭和33年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 6~8の『数学』を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【数学】  この大学では東大同様, いわゆる足場という一次試験が行われている。東大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和33年度の一橋大学受験生向けの英語の傾向と対策

1958年度(昭和33年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 5, 6の『英語』を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【英語】 〈第一次〉 ・代名詞の先行詞 1955年度(昭和30年度)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和32年度一橋大学入学志願者心得(募集人員・出願期間など)

『昭和32年度一橋大学入学志願者心得』の『一. 募集人員』、『一. 出願期間』、『一. 志望学部』、『一. 第一次試験』、『一. 第二次試験』、『一. 身体検査および面接』、『一. 入学許可発表』、『一. 受験資格』、『一. 出願手続』、『一. 注意事項』を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 英語 第二次試験 大問4・5

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 第2次試験 英語 【4】、【5】を入れておく。 ブログ記事であるので入力方法を変更したところがある。 1959年度(昭和34年度) 一橋大学 入試 英語 〔時間〕第一次 80分 第二次 120分   〔配点〕第一次 50/100 第二次 250/800 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 英語 第二次試験 大問1~3(大幅に省略したところが多い)

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 第2次試験 英語 【1】、【2】、【3】を入れておく。 ブログ記事であるので入力方法を変更したところがある。 なお、入力が面倒になってきたので大問1・2は大幅に省略した。 1959年度(昭和34年度) 一橋大学 入試 英語 〔時間〕第一次 80分 第二次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 英語 第一次試験 大問5

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 第1次試験 英語 【5】を入れておく。 ブログ記事であるので入力方法を変更したところがある。 1959年度(昭和34年度) 一橋大学 入試 英語 〔時間〕第一次 80分 第二次 120分   〔配点〕第一次 50/100 第二次 250/800 【第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 英語 第一次試験 大問3・大問4

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 第1次試験 英語 【3】、【4】を入れておく。 ブログ記事であるので入力方法を変更したところがある。 1959年度(昭和34年度) 一橋大学 入試 英語 〔時間〕第一次 80分 第二次 120分   〔配点〕第一次 50/100 第二次 250/800 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 英語 第一次試験 大問1, 2

1959年度(昭和34年度)一橋大学 入試 第1次試験 英語 【1】、【2】を入れておく。 ブログ記事であるので入力方法を変更したところがある。 1959年度(昭和34年度) 一橋大学 入試 英語 〔時間〕第一次 80分 第二次 120分   〔配点〕第一次 50/100 第二次 250/800 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和35年度の一橋大学受験生向けの国語の傾向と対策

1960年度(昭和35年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 24, 25の『国語』の一部を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【国語】 【昭和30年度】 文学史・書取り(1題) 西行論・和歌の濁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和35年度の一橋大学受験生向けの化学・生物の傾向と対策

1960年度(昭和35年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 20, 21の『化学』、『生物』の一部を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【化学】 ~るが, このような特殊な問題が完全に解けるところまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和35年度の一橋大学受験生向けの人文地理・物理の傾向と対策

1960年度(昭和35年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 17の『人文地理』、『物理』の一部を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【人文地理】 基礎 ・地図 1957年度(昭和32年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和35年度の一橋大学受験生向けの英語・世界史の傾向と対策

1960年度(昭和35年度)の一橋大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていた一橋大学の『傾向と対策』p 9の『英語』、『世界史』の一部を載せてみる。 ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。 傾向と対策 【英語】 〈第一次〉 ・代名詞の先行詞 1955年度(昭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2002年度 第1回 全統記述模試の理系では、偏差値77.7で得点率85.6%ぐらいであった。

2002年度(平成14年度)第1回 全統記述模試(2002年(平成14年)5月ごろ実施)において 英語では、167点(200点満点)(得点率:83.5%)の偏差値は77.7であり 英語では、149点(200点満点)(得点率:74.5%)の偏差値は72.5であり 数学ⅡA・ⅡBでは、140点(200点満点)(得点率:70…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more