テーマ:電力

やらせの有無と、原子力発電所の安全性は無関係である。

やらせの有無と、原子力発電所の安全性は無関係である。 以下、論証する。 なお、ここでいうやらせに関する具体的なことは、下記新聞記事参照。 日本経済新聞 2011年10月1日 泊、女川原発でも「やらせ」 国の依頼、計7件に 経済産業省による電力会社への動員要請や「やらせ」質問依頼などを調査していた同省の第三者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震と津波があっても、安全な原子力発電所があることが立証された。

地震と津波があっても、安全な原子力発電所があることが立証された。 その原子力発電所は、東北電力株式会社の女川原子力発電所である。 以下、論証していく。 北海道新聞 2011年(平成23年)3月28日 月曜日 16版 27面 第1社会面 大津波想定 高台に原発立地   女川、福島と明暗  津波に襲われた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jパワーが、池原ダムなどで、事前放流をしなかった行為は、問題ない。

Jパワーが、池原ダムなどで、事前放流をしなかった行為は、問題ない。 <台風12号豪雨>ダム事前放流せず 洪水対策規定なく 毎日新聞 9月14日(水) 台風12号で氾濫した熊野川上流域にある11ダム中6ダムを持つJパワー(電源開発、東京都中央区)が、水系で最大の「池原ダム」(奈良県下北山村)などで洪水発生に備えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今後、原子力政策に関して、民主主義の多数決を全面的に適用するべきではない。

今後、原子力政策に関して、民主主義の多数決を全面的に適用するべきではない。 以下、それを論証する。 2011年8月26日、愛知県蒲郡市の金原久雄市長(64)は (三陸沿岸は)歴史的に大津波が来ている記録があるのに、そこに家が立っていること自体がおかしい。 と発言した。 この発言が暴言でなく、まともな意見であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2000年3月に泊村で開かれた道主催の「道民の意見を聴く会」での北電の行為は問題ない。

北海道新聞 朝刊 2011年(平成23年)9月10日 土曜日 16版 第2社会 32面 誘導で賛否同数に 北電、「聴く会」でやらせ 知事の増設判断に影響?  北海道電力泊原発(後志管内泊村)3号機増設をめぐり、2000年3月に泊村で開かれた道主催の「道民の意見を聴く会」で明らかになった北電による「賛成誘導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年後には実用化へ。核融合反応 3, 4年で利用方法分る(昭和33年)

昭和33年は、10年後には、核融合反応を水素爆弾以外で利用することが可能になると言われていた年だった。 サンケイ(今の産経新聞) 大阪版 夕刊 昭和33年(1958年)2月19日 水曜日 4版 B 3面 10年後には実用化へ     ・・・衆院科学技術委・東大教授ら招き聴取・・・      核融合反応 3, 4年で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和33年ごろ、火力発電所1基の出力:15万kWで大容量火力発電所であると言われていた。

昭和33年ごろ、火力発電所1基の出力:15万kWで大容量火力発電所であると言われていた。 サンケイ(今の産経新聞) 大阪版 昭和33年(1958年)1月8日 水曜日 14版 9面 電源開発 有史以来のブーム 100ヵ所で建設譜   電力キキンに備え 58年 12の話題 ⑥ ○・・・皆さんは“佐久間ダム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年4月7日の時点で、東北地方の電力不足は解消されていたようだ。

北本連系がある。 北海道・本州間連系設備(ほっかいどう・ほんしゅうかんれんけいせつび)は、北海道と本州の間を結ぶ一連の電力供給設備で、電源開発が運用している。 北本連系(きたほんれんけい)と略されており、こちらのほうが一般的な名称となっている。 特に北海道は冬に電力消費が多くなる傾向があるのに対し本州は夏に電力消費が多…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more