Transition

アクセスカウンタ

zoom RSS 『昭和35年度 鹿児島大学入試要項』の『2. 入学者選抜方法』

<<   作成日時 : 2017/01/15 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和35年度 鹿児島大学入試要項』の『2.入学者選抜方法』を載せてみる。

ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。



昭和35年度 鹿児島大学入試要項

2. 入学者選抜方法

 入学者の選抜は学力検査, 健康診断および出身学校長から提出された調査書について総合判定する。

1, 学力検査は, 国語・社会・数学・理科・外国語の5教科について実施する。35年度にあっては改訂教育課程(新課程)と旧教育課程(旧課程)に分けて出題するが, 新課程による卒業者は新課程の教科・科目で受験しなければならない。また旧課程による卒業者および休学等により留年のため両課程を履修したものは, 両課程について教科・科目がまたがらない限りいずれで受験してもよい。

(1) 新課程の教科・科目

国語・・・国語()とする。ただし()で履修する程度の漢文を含める。

社会・・・社会・日本史・世界史・人文地理のうちから2科目を選択受験させるが, 1科目は志望学部・学科(専攻)によっては次に示す代替科目のうちから選択受験することができる。教育学部中等教育科家政科のみの志望者は家庭1〔保育・家族・家庭経営住居を含む)〕, 教育学部中等教育科職業科のみの志望者および農学部志望者は農業経営, 職業科のみの志望者および水産学部志望者は水産法規, 職業科のみの志望者および工学部志望者は工業概説。

数学・・・数学T代数(統計を除く)・数学T幾何(空間図形を除く)・数学U・数学V(順列・組み合わせ・確率・統計を除く)のうちから3科目を選択受験させるが教育学部高等体育科および中等教育科美術科・音楽科・体育科のうち1専攻のみの志望者は1科目はそれぞれの理論をもって代えることができる。

理科・・・物理・化学・生物・地学のうちから2科目を選択受験させるが, 1科目は志望学部・学科(専攻)によっては次に示す代替科目のうちから選択受験することができる。教育学部中等教育科家政科のみの志望者は家庭2(食物・被服), 職業科のみの志望者および農学部志望者は総合農業(栽培または飼育), 職業科のみの志望者および水産学部志望者は漁業または製造または増殖, 職業科のみの志望者および工学部志望者は機械または電気または建築または工業化学, また教育学部高等体育科および中等教育科美術科・音楽科・体育科のうち1専攻のみの志望者は1科目はそれぞれの実技をもって代えることができる。

外国語・・・英語・独語のうちから1外国語を選択受験させる。

備考「希望表示」 大学において自然化学系統の学科を専攻する者は, 高等学校在学中に数学T幾何・数学U・数学Vを履修することが望ましい。またこれらの科目で受験することが望ましい。

(2) 旧課程の教科・科目

国語・・・新課程に同じ

社会・・・一般社会・日本史・世界史・人文地理・時事問題のうちから2科目を選択受験させるが1科目は志望学部・学科(専攻)によっては次に示す代替科目のうちから選択受験することができる。教育学部中等教育科職業科のみの志望者および農学部志望者は農業経済, 職業科のみの志望者および水産学部志望者は水産法規, 職業科のみの志望者および工学部志望者は工場経営。

数学・・・一般数学・解析T・解析U・幾何のうちから2科目を選択受験させるが, 教育学部高等体育科および中等教育科美術科・音楽科・体育科のうち1専攻のみの志望者は1科目はそれぞれの理論をもって代えることができる。

理科・・・物理・化学・生物・地学のうちから2科目を選択受験させるが1科目は志望学部・学科(専攻)によっては次に示す代替科目のうちから選択受験することができる。
教育学部中等教育科家政科のみの志望者は一般家庭, 職業科のみの志望者および農学部志望者は農業(耕種または畜産), 職業科のみの志望者および水産学部志望者は漁業または製造または増殖, 職業科のみの志望者または工学部志望者は機械または電気または建築または工業化学, 教育学部高等体育科および中等教育科美術科・音楽科・体育科のうち1専攻のみの志望者は1科目はそれぞれの実技をもって代えることができる。

外国語・・・新課程に同じ。

○両課程とも選択受験する科目はすべて出願の際に届け出なければならない。また届け出た受験科目を変更することはできない。

2, 実技検査(美術・音楽・体育の専攻志望者

(1) 美術科 石膏像木炭素描および日用工芸品のデザイン(彩色を施す

注意 受験者は素描用木炭・鉛筆・三角定規・コンパス・水彩着色用具等持参のこと。ただし用紙は本学において準備する。午前3時間・・・図画関係, 午後3時間・・・工作関係

(2) 音楽科 

ピアノ・・・チエルニー30番・チエルニー40番のうちから受験者は任意に2曲を選んで演奏すること。ただし繰り返し記号がある場合でも繰り返さないで演奏すること。

声楽・・・コンコーネ50番のうちから受験者は任意に2曲を選んで歌うこと。楽譜は低声用・中声用・高声用のいずれを選んでもよい。ただし繰り返し記号がある場合でも繰り返さないで歌うこと。

(3) 体育科
(イ)受験者は陸上競技・体操・球技の3種目を受験すること。ただし〜



昭和36年の鹿児島大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていたもの。
36年度は未発表のため参考までに35年度のものを掲載した
と書かれていた。
「大学において自然化学系統の学科を専攻する者」と書かれていたので、そのまま入力した。
〜の部分は持ってないので入力していない。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『昭和35年度 鹿児島大学入試要項』の『2. 入学者選抜方法』 Transition/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる