Transition

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の合格者の教科別最高点・教科別最低点など

<<   作成日時 : 2016/04/03 13:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和34年度(1959年度)〜昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部の各学科別の合格者最低点を載せる。

ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。

昭和36年の大阪大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていたものをもとにした。

この本では、昭和36年度の受験生(新しい情報の方が役に立つので、新しい情報が最優先である)のために、35年度から古い順に載せていたが、今の読者のために、逆の順序にして、34年度から新しい順序で載せてみた。

なお、得点率が載っていると便利であるので、私が電卓で計算した得点率も載せた。

また、満点も載っていると便利であるので、満点も載せた。



大阪大学入試の 工学部 機械工学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):405点(600点満点)(得点率:67.5%

昭和35年度(1960年度):400点(600点満点)(得点率:66.7%




大阪大学入試の 工学部 応用化学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):393点(600点満点)(得点率:65.5%

昭和35年度(1960年度):415点(600点満点)(得点率:69.2%




大阪大学入試の 工学部 醗酵工学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):378点(600点満点)(得点率:63.0%

昭和35年度(1960年度):390点(600点満点)(得点率:65.0%




大阪大学入試の 工学部 冶金学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):385点(600点満点)(得点率:64.2%

昭和35年度(1960年度):390点(600点満点)(得点率:65.0%




大阪大学入試の 工学部 造船学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):388点(600点満点)(得点率:64.7%

昭和35年度(1960年度):391点(600点満点)(得点率:65.2%




大阪大学入試の 工学部 電気工学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):392点(600点満点)(得点率:65.3%

昭和35年度(1960年度):401点(600点満点)(得点率:66.8%




大阪大学入試の 工学部 精密工学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):395点(600点満点)(得点率:65.8%

昭和35年度(1960年度):384点(600点満点)(得点率:64.0%




大阪大学入試の 工学部 通信工学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):392点(600点満点)(得点率:65.3%

昭和35年度(1960年度):400点(600点満点)(得点率:66.7%




大阪大学入試の 工学部 熔接工学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):383点(600点満点)(得点率:63.8%

昭和35年度(1960年度):390点(600点満点)(得点率:65.0%




大阪大学入試の 工学部 構築工学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):384点(600点満点)(得点率:64.0%

昭和35年度(1960年度):396点(600点満点)(得点率:66.0%




大阪大学入試の 工学部 電子工学科の 合格者最低点

昭和34年度(1959年度):409点(600点満点)(得点率:68.2%

昭和35年度(1960年度):422点(600点満点)(得点率:70.3%




大阪大学入試の 工学部 機械第2の 合格者最低点

工学部の学科として、「機械第2」が書かれていたので入力したが、どの学科を指しているのかは不明である。

昭和35年度(1960年度):379点(600点満点)(得点率:63.2%


ここで、昭和36年の大阪大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていたものを入力しておく。

ただし、読みやすいように改行を頻繁にした。



 また, 医学部と歯学部の間で第2志望, 工学部の学科間で第3志望まで認めている。

第2志望を認めるというのは説明するまでもなく, 第1志望の学部学科に不合格になった場合, その成績(何点か減点した成績)で, 第2志望とした学部学科について改めて選考し, ボーダーライン内であれば, 第2志望に合格させるというわけです。

詳しくはわからないが, 第1志望から第2志望へ回して選考するときは, 成績を2〜3点減点して評価し, さらに第3志望へ回すときはさらに2〜3点減点しているようである。

したがって, 少なくとも10点以上は下回っている学科を第2・第3志望とすべきである。


最後の文の意味が矛盾している。



論理的には
第2志望:少なくとも2点下回っている学科、安全を重視するのならば、3点下回っている学科にするべきである。

第3志望:少なくとも4点下回っている学科、安全を重視するのならば、6点下回っている学科にするべきである。
となるはずである。


しかし、書かれていた通りに入力した。

昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の歯学部の第1志望入学者人数、第2志望入学者人数、工学部の各学科別の第1志望入学者人数、第2志望入学者人数、第3志望入学者人数を載せる。

工学部については、表が載っていて、第T志望、第U志望、第V志望と表記されていたので、その表記で入力した。


ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。

昭和36年の大阪大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていたものをもとにした。



【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の歯学部】

第1志望 入学者人数:26名

第2志望 入学者人数:10名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 機械工学科】

第T志望 入学者人数:60名

第U志望 入学者人数:0名

第V志望 入学者人数:0名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 応用化学科】

第T志望 入学者人数:61名

第U志望 入学者人数:0名

第V志望 入学者人数:0名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 醗酵工学科】

第T志望 入学者人数:9名

第U志望 入学者人数:5名

第V志望 入学者人数:6名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 冶金学科】

第T志望 入学者人数:10名

第U志望 入学者人数:19名

第V志望 入学者人数:3名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 造船学科】

第T志望 入学者人数:14名

第U志望 入学者人数:6名

第V志望 入学者人数:2名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 電気工学科】

第T志望 入学者人数:40名

第U志望 入学者人数:0名

第V志望 入学者人数:0名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 精密工学科】

第T志望 入学者人数:33名

第U志望 入学者人数:8名

第V志望 入学者人数:2名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 通信工学科】

第T志望 入学者人数:35名

第U志望 入学者人数:6名

第V志望 入学者人数:0名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 熔接工学科】

第T志望 入学者人数:11名

第U志望 入学者人数:20名

第V志望 入学者人数:11名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 構築工学科】

第T志望 入学者人数:39名

第U志望 入学者人数:8名

第V志望 入学者人数:0名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 電子工学科】

第T志望 入学者人数:40名

第U志望 入学者人数:0名

第V志望 入学者人数:0名





【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部 機械第2】

工学部の学科として、「機械第2」が書かれていたので入力したが、どの学科を指しているのかは不明である。

第T志望 入学者人数:23名

第U志望 入学者人数:9名

第V志望 入学者人数:7名



昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の合格者の教科別最高得点・教科別最低得点を載せる。

ただし、ブログ記事であるので、入力方法を変更したところがある。

昭和36年の大阪大学受験生向けの赤本(教学社)に載っていたものをもとにした。

なお、得点率が載っていると便利であるので、私が電卓で計算した得点率も載せた。

また、満点も載っていると便利であるので、満点も載せた。



【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の文学部の合格者の教科別最高得点】

国語:117点(150点満点)(得点率:78.0%

社会:123点(150点満点)(得点率:82.0%

数学:95点(100点満点)(得点率:95.0%

理科:87点(100点満点)(得点率:87.0%

外国語:85点(100点満点)(得点率:85.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の文学部の合格者の教科別最低得点】

国語:70点(150点満点)(得点率:46.7%

社会:69点(150点満点)(得点率:46.0%

数学:19点(100点満点)(得点率:19.0%

理科:35点(100点満点)(得点率:35.0%

外国語:9点(100点満点)(得点率:9.00%



せっかくだから、昭和36年の大阪大学受験生向けの赤本(教学社)p 9の『傾向と対策』の『英語』に書かれていたことも載せておく。



配点の比率は, 解釈関係が50〜55%, 作文が30%, 文法関係が15〜20%と一定している。

この傾向は今後もまず変わらないものと考えていてよいであろう。

 英文解釈はかなり長文の部分訳で, 全体としては語いも平易で構文にもことさらにひねったところがなく, この種の問題としては扱いやすいものである。

内容は抽象的な論文が多い。


目が疲れることを防ぐために改行を頻繁にした。

このように、英文解釈は、それほど難しくない問題であったことがわかる。




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の法学部の合格者の教科別最高得点】

国語:108点(150点満点)(得点率:72.0%

社会:136点(150点満点)(得点率:90.7%

数学:96点(100点満点)(得点率:96.0%

理科:93点(100点満点)(得点率:93.0%

外国語:85点(100点満点)(得点率:85.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の法学部の合格者の教科別最低得点】

国語:72点(150点満点)(得点率:48.0%

社会:75点(150点満点)(得点率:50.0%

数学:24点(100点満点)(得点率:24.0%

理科:30点(100点満点)(得点率:30.0%

外国語:33点(100点満点)(得点率:33.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の経済学部の合格者の教科別最高得点】

国語:116点(150点満点)(得点率:77.3%

社会:127点(150点満点)(得点率:84.7%

数学:100点(100点満点)(得点率:100%

理科:97点(100点満点)(得点率:97.0%

外国語:85点(100点満点)(得点率:85.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の経済学部の合格者の教科別最低得点】

国語:66点(150点満点)(得点率:44.0%

社会:81点(150点満点)(得点率:54.0%

数学:29点(100点満点)(得点率:29.0%

理科:41点(100点満点)(得点率:41.0%

外国語:18点(100点満点)(得点率:18.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の理学部の合格者の教科別最高得点】

国語:81点(100点満点)(得点率:81.0%

社会:93点(100点満点)(得点率:93.0%

数学:145点(150点満点)(得点率:96.7%

理科:138点(150点満点)(得点率:92.0%

外国語:78点(100点満点)(得点率:78.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の理学部の合格者の教科別最低得点】

国語:40点(100点満点)(得点率:40.0%

社会:39点(100点満点)(得点率:39.0%

数学:50点(150点満点)(得点率:33.3%

理科:87点(150点満点)(得点率:58.0%

外国語:14点(100点満点)(得点率:14.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の医学部の合格者の教科別最高得点】

国語:83点(100点満点)(得点率:83.0%

社会:91点(100点満点)(得点率:91.0%

数学:142点(150点満点)(得点率:94.7%

理科:134点(150点満点)(得点率:89.3%

外国語:86点(100点満点)(得点率:86.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の医学部の合格者の教科別最低得点】

国語:50点(100点満点)(得点率:50.0%

社会:48点(100点満点)(得点率:48.0%

数学:73点(150点満点)(得点率:48.7%

理科:74点(150点満点)(得点率:49.3%

外国語:28点(100点満点)(得点率:28.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の歯学部の合格者の教科別最高得点】

国語:75点(100点満点)(得点率:75.0%

社会:90点(100点満点)(得点率:90.0%

数学:125点(150点満点)(得点率:83.3%

理科:125点(150点満点)(得点率:83.3%

外国語:76点(100点満点)(得点率:76.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の歯学部の合格者の教科別最低得点】

国語:47点(100点満点)(得点率:47.0%

社会:48点(100点満点)(得点率:48.0%

数学:35点(150点満点)(得点率:23.3%

理科:76点(150点満点)(得点率:50.7%

外国語:16点(100点満点)(得点率:16.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の薬学部の合格者の教科別最高得点】

国語:83点(100点満点)(得点率:83.0%

社会:89点(100点満点)(得点率:89.0%

数学:136点(150点満点)(得点率:90.7%

理科:129点(150点満点)(得点率:86.0%

外国語:78点(100点満点)(得点率:78.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の薬学部の合格者の教科別最低得点】

国語:46点(100点満点)(得点率:46.0%

社会:42点(100点満点)(得点率:42.0%

数学:44点(150点満点)(得点率:29.3%

理科:73点(150点満点)(得点率:48.7%

外国語:18点(100点満点)(得点率:18.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部の合格者の教科別最高得点】

国語:84点(100点満点)(得点率:84.0%

社会:94点(100点満点)(得点率:94.0%

数学:150点(150点満点)(得点率:100%

理科:141点(150点満点)(得点率:94.0%

外国語:82点(100点満点)(得点率:82.0%




【昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の工学部の合格者の教科別最低得点】

国語:47点(100点満点)(得点率:47.0%

社会:39点(100点満点)(得点率:39.0%

数学:61点(150点満点)(得点率:40.7%

理科:75点(150点満点)(得点率:50.0%

外国語:12点(100点満点)(得点率:12.0%













































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昭和35年度(1960年度)の大阪大学入試の合格者の教科別最高点・教科別最低点など Transition/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる