Transition

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成11年ごろの高校の保健体育の教科書・平成20年ごろの中学校の保健体育の教科書とシートベルト

<<   作成日時 : 2016/01/25 17:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

平成11年ごろの高校の保健体育の教科書には、シートベルトを着用することが必要であることが書かれている。


シートベルトと交通事故死

 シートベルト着用の必要性は, 事故死の実態からもいえます。1996年の自動車乗車中の事故死(4, 289人)について, シートベルト着用の有無からみてみると, 全体の約70%が非着用の人で, このうち約30%を若者がしめています。このことから, シートベルト着用率の低さ, とくに若者の低さが, 交通事故死の大きな要因になっていることがわかります。


現代高等保健体育』(大修館書店。文部省検定済教科書。高等学校 保健体育科用。平成17年1月20日検定済。平成20年1月15日印刷。平成20年1月20日発行。50 大修館 保体503)p 35


約30%を若者がしめています


であるから、若者以外のシートベルト非着用が約70%も占めている。

それなのに

とくに若者の低さが


は論理矛盾しているのではないかと考えて、元の統計がインターネットに載ってないかと考えて探してみたが、載ってなかった。

なお、この教科書には、元の統計は載っていなかった。

ただ

全体の約70%が非着用の人で


であるので、シートベルトを着用することが必要であることは確かである。


この統計は、『交通安全白書 平成9年版 概要』の『図7 シートベルト着用の有無別自動車乗車中死者数の推移
http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h09-hakusho/z07.htm
でみることができる。


1996年(平成8年)の自動車乗車中死者:4289名のうち

シートベルト着用:1139名(26.6%
シートベルト非着用:2999名(69.9%
不明:151名(3.52%



平成20年ごろの中学校の保健体育の教科書には、同乗者もシートベルトをしようということが書かれていた。


安全のために実行していますか?

○ 同乗者もシートベルトをしよう

○ 乳幼児にはチャイルドシートを

  正しく取りつけることが必要です。

○ 夜道ではライトをつけ, 反射材を身につけよう

ライトをつけていないとき

ライトをつけたとき

ライトをつけ, 反射材を見につけたとき


新・中学保健体育』(学研。文部科学省検定済教科書。中学校保健体育科。平成17年1月20日検定済。平成20年1月15日印刷。平成20年1月20日発行。197学研/保体706)p 51

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平成11年ごろの高校の保健体育の教科書・平成20年ごろの中学校の保健体育の教科書とシートベルト Transition/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる