Transition

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和11年度 海軍機関学校の入試の英語 その2

<<   作成日時 : 2014/01/25 15:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和11年度 海軍機関学校の入試の英語の一部を書く。

これで、昭和11年度 海軍機関学校の入試の英語はすべて入力した。



(三) 下ノ文ヲ英訳セヨ。

 銀行ノ前ノ床屋デ頭ヲ刈ツテ借リ上ゲ, ソレカラ停車場ヘ電報ヲ打チニ行ツタ。

トイフノハ最寄ノ郵便局ハ建築中ダツタカラデアル。

停車場カラ出テ来ヨウトスルト, 年トツタ外国人ニ英語デ話シカケラレタ。

私ガ手ニ英語ノ新聞ヲ持ツテ居タノデ英語ヲ話セルモノト思ツタノカモ知レヌ。

ガ私ニハ彼ノ云フコトガ解ラナカツタ。

外国人ト話ヲシタノハコレガ初メテダツタノデアル..




研究

 長いので一驚を喫せられるが, 内容構文共に至極平易。

用語を拾つて見る。

床屋デ頭ヲ刈ツテ』 これはget(have)+Object+p.p.の形を用ひる。

最寄ノ』 neighbouring; nearest.

建築中』 in course of construction: under construction.

話シカケラレタ』 to be spoken to

英語ノ新聞』 an English paper.

カモ知レヌ』 こゝでは難しく考へずにperhaps, probably位でよい。



】 
Having got my hair cut at a barber's (shop) in front of the bank, I went to the station to send a telegram.

It was because the nearest post office was in course of construction.

Just as I was getting out of the station, I was spoken to by an old foreigner in English.

As I had an English paper in my hand, he probably thought that I could speak English.

But, to my great regret, I couldn't understand what he said.

It was for the first time that I had to talk with a foreigner.


高等学校・専門学校・大学予科入学試験問題詳解:附・入学試験要項競争率一覧 昭和11年度』(欧文社 昭和11年)p 12, 13に載っていたものをそのまま入力した。ただし、漢字については、現代の表記で書いた。読みやすいように一行一行離して入力した。

【私がつくった解説】
p.p. past participle
participle 分詞
past participle 過去分詞

接続詞のafterはそれだけで時の前後関係をはっきりと表わずので、それが導く節中でしいて完了形を用いる必要はないが、実際にはしばしば見受けられる。
I arrived after she had left.
= I arrived after she left.
I will go with you after I have finished breakfast.
= I will go with you after I finish breakfast.

CHART 9 時・条件の副詞節では, 未来のことも現在時制

↑『チャート式シリーズ 基礎からの新々総合英語』(数研出版。平成25年2月10日初版第1刷発行)p 65

そういうわけで、
時・条件の副詞節では, 未来のことも現在時制

だけを覚えて、そのほかは原則通りとする方が覚えやすい。

What did you last have your hair cut?
I had my composition corrected by our teacher.
barber 理髪師。床屋(人)。
at a barber's 床屋で
at a barber's shop ((英))床屋で
barbershop ((米))床屋
send a telegram 電報を打つ
Get out of the way.
Just as he began to speak, there was a loud explosion.
彼は、私がちょうど家を出ようとしたときに到着した。
He arrived just as I was leaving home.

↑ネットで検索したら出てきた英文と和訳

A good idea occurred to me as I was speaking.

Just as I closed the door, the telephone rang.

↑『チャート式シリーズ 基礎からの新々総合英語』(数研出版。平成25年2月10日初版第1刷発行)p 362

I recognized him at once because I had seen him on TV.
= I recognized him at once.
It was because I had seen him on TV.
すぐにその人とわかった。というのも、テレビで顔を見かけたことがあったからだ。

↑『チャート式シリーズ 基礎からの新々総合英語』(数研出版。平成25年2月10日初版第1刷発行)p 364の正しい英文とその和訳を私がまとめたもの
It was because 〜.を用いても、結局は時制を気にしなければならないので、普通にbecauseを使って1つの英文にした方が英訳しやすい。

They had a week in Rome and then went to Naples. 彼らはローマで1週間を過ごしそれからナポリへ行った。
このようにthenを使えば、時制を気にしなくてすむ。

This picture was painted in 1910 by Picasso.

↑『チャート式シリーズ 基礎からの新々総合英語』(数研出版。平成25年2月10日初版第1刷発行)p 121
受験生は、受動態のby 〜は一番うしろであると覚えていた方が英訳をしやすくなるので、そのようにした方がよい。


特に断りがないところは、『新英和中辞典 第7版』(研究社。第7版第8刷 2010年1月)を参考にした。

【私がつくった英訳】(解を参考にした)
I had my hair cut at a barbershop in front of the bank and then I went to the station to send a telegram because the nearest post office was under construction.
Just as I was getting out of the station, I was spoken to in English by an old foreigner.
He probably thought that I could speak English because I had an English paper in my hand.
But I couldn't understand what he said.
It was for the first time that I was spoken to in English by a foreigner.


なお、『高等学校・専門学校・大学予科入学試験問題詳解:附・入学試験要項競争率一覧 昭和11年度』(欧文社 昭和11年)p88には

海軍機関学校
(海軍省立)(所在地 京都府下中舞鶴
創立 明治26年
校長名 上田宗重
職員数 詳細不明
科名及修行年限 4ヶ年
入学資格 有試 海軍兵学校に同じ
募集発表期日 4月7日
募集人員 70名
出願期日 自4月7日至6月30日
提出書類 海軍兵学校に同じ 試験料なし
試験科目及期日 
  資格 海軍兵学校に同じ
  期日 8月上旬
    10月23日 代数、英語
    同 24日 幾何、物理、化学
    同 25日 日本歴史、国語、漢文、作文
  口試 学術試験終了の翌日その最終○×者に就き同所にて行ふ。
合格者発表期日 12月上旬
試験場及案内 陸海軍官衙19ヶ所にて行ふ。
費用の大略 全部官給
宿舎 全部官給
進路 1年海上勤務後海軍機関少尉に任官
注意事項 機関学校志願者は兵学校又は経理学校を併せて志願し得
最近の志願者数 9年 1, 958名
10年 2, 605名

と書かれていた。なお、漢字は現代の漢字にしたところがあるし、数字は算用数字で書いた。つぶれていて読めない漢字は記号で入力した。

同書p 100には
2, 559 80 31.90

と書かれていた。なお、漢数字は算用漢字にしたところがある。
2559人が志願し、80人が合格し、競争率は31.90倍だったという意味である。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昭和11年度 海軍機関学校の入試の英語 その2 Transition/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる