Transition

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和11年度 海軍機関学校の入試の英語 その1

<<   作成日時 : 2014/01/18 18:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和11年度 海軍機関学校の入試の英語の一部を書く。

要項

時限 ー 三時間

用紙 ー 印刷紙

注意 ー 答案ハ(一)ヲ表ニ, (二)(三)ヲ裏ニ認メ横書スベシ。




〔一〕下ノ文ヲ和訳セヨ。

(1) The passers-by read aloud an advertisement in huge letters on a distant advertisement tower, and I then found that something was the matter with me, for not only was I unable to read it, but I could not even see the letters.

I spoke of this to my father, and I soon afterwards got my first pair of spectacles, which opened an entirely new world to me.

I had no idea how beautiful the world was till I got those spectacles.

I had been a stupid boy, and much of my stupidity was due to the fact that I could not see and yet was wholly ignorant of it.



研究

急所とも言ふべき処は(二)の問に挙げてゐる個所位で大体平坦な文。

advertisement tower 「広告塔」 尚「告知台」の意にもとれるが一般的でない。

something is (was) the matter with me 熟知のexpressionだらうと思ふが「僕はどうかしてゐる」即ち目が悪いこと。

how beautiful the world was Independent Clauseで「この世界の美しさ」を強意的に言ひ表はしたもの。
従つて直訳しない方がよい。

I had been a stupid boy Tense の説明は(二)に譲る。
stupidは「鈍感な」

ignorant of it ー itの説明は(二)に譲る。


】 通行人達は離れてゐる広告塔の大文字の広告を音読したが, その時僕は「僕はどうかしてゐるのだ」といふことに気づいた。

といふのは僕はその広告を読むことが出来なかったのみでなく, その文字すら見えなかつた。

そのことをお父さんに話して, それから間もなく僕は最初の眼鏡を手に入れた。

その眼鏡が僕に全然新らしい世界を開いてくれたのだつた。

眼鏡を手に入れる時迄は, 僕はこの世界の美しさを全く知らなかつた。

それまで僕は鈍感な少年だつた, そして僕の鈍感さの大部分は, よく物を見ることが出来ず, しかも全然それに気がつかなかつたことに誘因したのであつた。


高等学校・専門学校・大学予科入学試験問題詳解:附・入学試験要項競争率一覧 昭和11年度』(欧文社 昭和11年)p 11, 12に載っていたものをそのまま入力した。ただし、漢字については、現代の表記で書いた。読みやすいように一行一行離して入力した。

【私がつくった解説】
clause 節
an independent clause 独立節
tense 時制
passer 通行人
passer-by 通行人
huge 巨大な
a huge rock 巨大な岩
a capital letter 大文字
a small letter 小文字
matter 問題。困ったこと。
Is there anything the matter with the car? 車がどうかしましたか。
of 〜 〜に関して
I know of him.
私は彼に関して知っている。
→ 彼について[彼の名前、彼の評判]は(間接的に)知っている。
I know him.は直接知っていることを意味する。
I know of him, but I haven't met him.
(私は(人から聞いて)彼のことは知っているが, 会ったことはない。)
I know all about the accident.
(私はその事故のことは詳しく知っている。)

↑『チャート式シリーズ 基礎からの新々総合英語』(数研出版。平成25年2月10日初版第1刷発行)p 500
afterwards ((英))= afterward
afterward のちに。その後。以後。(英国ではafterwardsの方を用いる)
They lived happily ever afterward. 彼らはそれから楽しく暮らしました。
soon afterwards その後すぐに
↑インターネットで検索した意味
spectacle 光景
spectacles 眼鏡
glassesよりspectaclesの方が形式ばっている。
a pair of spectacles 眼鏡一つ
entirely まったく。完全に。
It's entirely different from what I expected.
stupid 愚かな。ばかな。無感覚の。
stupidity ばか。愚かさ。

上の文章の文脈では、「眼鏡を手に入れるまでは、世界を見ることができず、愚かな少年だった、眼鏡を手に入れてからは世界を見ることができるようになった」と考えて、訳した方がよい。

and yet それにもかかわらず
but yet  それにもかかわらず
I offered him still more money, and yet he was not satisfied.
それ以上の金を出すなと言ったが彼は満足しなかった。
I offered him still more money, but yet he was not satisfied.
それ以上の金を出すなと言ったが彼は満足しなかった。
ignorant 無知の
He was ignorant of the world. 彼は世間知らずだった。


特に断りがないところは、『新英和中辞典 第7版』(研究社。第7版第8刷 2010年1月)を参考にした。

【私がつくった和訳】(できる限り、直訳にした)
その通行人は離れた広告塔の巨大な文字の広告を大声で読んだ、そして私はそのとき私に何か困ったことがあることに気がついた、というのも私はそれを読むことができなかっただけでなく、その文字を見ることさえできなかったから。私は私の父にこのことに関して話した、そして私はその後すぐに私の最初の眼鏡、それは私に完全に新しい世界を開いたが、を手に入れた。私は その眼鏡を手に入れるまで 世界が何と美しいものであるのかをまったく知らなかった。私は愚かな少年だった、そして私の愚かさの多くは私が見ることができなくそれにもかかわらずまったくそれに気づかないでいたことに起因していた。


最後の英文の
I had been a stupid boy, and much of my stupidity was due to the fact that I could not see and yet was wholly ignorant of it.

はitが
the fact that I could not seeを指していると解釈するしかないが
起因していたものは
the fact that I could not see and yet was wholly ignorant of itであり、文法で考えるとおかしな英文である。
したがって、今の受験生は、大学受験終了までこの英文を和訳しようとしない方がよいし、後に出てくる文法問題を解こうとしない方がよい。

おかしな英文を和訳したり、それに基づいた文法問題を解いていると頭が混乱して、和訳問題・文法問題・英訳問題などを解くときに悪影響が出かねないため。おそらく、受験生が英訳問題でこのような英文を真似して書くと、大減点される可能性が高いだろう。




(2) During these days young Edison had not so much time as he desired for investigating the mysteries of electricity.

His work occupied him from seven in the morning till nearly nine at night, and his father, having been brought up on the old saying that early to bed and early to rise would give health, wealth, and wisdom to those who followed the advice, insisted on his son's going to bed earlier.


研究

 構文を文法的にしつかり掴むことが正解への第一歩である。

後半はSubjectとPredicateとの間に分詞構文が入つて来てゐるのに特に注意。

for investigating the mysteries of electricity ー forはtime forと続く。
electricity 「電気」。
having been ...... the adviceはhis fatherをmodifyする分詞構文。
on the old saying「古い諺に従つて」。
early to bed and early to rise = to keep early hours. これがSubjectをなしてゐる。
that ...... the adviceはold sayingのModifier.
the advice 「早寝早起がよいと勧めること」。



その頃, 若いエヂソンは, 電気の神秘を研究するための時間を, 彼が欲した程多く持つことが出来なかつた。

彼は朝の七時から夜の九時近く迄職務に従事してゐたし, 又彼の父は, 早寝早起はそれを守る人々に健康と富と智を興へるといふ古い諺に従つて育てられた人で, 彼の子供に, もつと早く寝ろと主張したのだつた。


高等学校・専門学校・大学予科入学試験問題詳解:附・入学試験要項競争率一覧 昭和11年度』(欧文社 昭和11年)p 11, 12に載っていたものをそのまま入力した。ただし、漢字については、現代の表記で書いた。読みやすいように一行一行離して入力した。

【私がつくった解説】
these days 近ごろは
During these days, he said he had dreams of hundreds of thousands of destroyed Buddhist statues that looked asking him to repair them.

このとき何千体何万体もの壊れた仏像が修理を求めるような表情で夢に現れたという。
- Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス

↑インターネットで検索したら出てきた用法

haveの用法
疑問・否定にはDo you have ...?, I do not have [don't have] ...のように助動詞doを用いる。ただし, 特に改まった表現で((英))ではHave you ...?, I have not [haven't] ...のようにdoを用いないこともある。

During these days young Edison didn't have so much time as he desired for investigating the mysteries of electricity.
でなく
During these days young Edison had not so much time as he desired for investigating the mysteries of electricity.
であるので、この文章はイギリスの英語である。

occupy 占める。費やす。
The journy there occupied three hours. そこへ行くのに3時間かかった。
wisdom 賢さ。賢明。


特に断りがないところは、『新英和中辞典 第7版』(研究社。第7版第8刷 2010年1月)を参考にした。

【私がつくった和訳】(できる限り、直訳にした)
このころ若いエジソンには彼が電気の神秘を研究するために臨んでいたほど多くの時間はなかった。彼の仕事は彼に午前7時から夜のほとんど9時まで費やした、そして彼の父は、早寝早起きをしたらそのアドバイスに従った者に健康、富、賢さをもたらすだろうと育てられてきたので、彼の息子にもっと早く寝ることを主張した。




(二) 上ノ英文和訳ノ問題ニツイテ下ノ問ニ答ヘヨ。

(a) 問題(1)ニ於テ動詞“be”以外ニ自動詞トシテ用ヒラレタル動詞アラバソレヲ指摘セヨ。

(b) 問題(1) ノ“I had been a stupid boy,”ニ於ケル過去完了ノ表ハス意味ヲ問フ。

(c) 問題(1) ノ最後ノ“it”ハ何ヲ指スカ。

(d) 問題(2) ノ中ノGerundヲ指摘セヨ。

(e) 問題(2) ノ“advice” ノ動詞形ヲ書ケ。

(f) 問題(2) ノ“insisted”ノSubjectハ何カ。



(a) “speak”とthe fact that I could not seeの “see”

(b) 彼が眼鏡を手に入れる以前のことを言つてゐる。

(c) the fact that I could not see

(d) “investigating”と“going”

  []sayingはGerundにあらず。

(e) “advise”

(f) “his father”


高等学校・専門学校・大学予科入学試験問題詳解:附・入学試験要項競争率一覧 昭和11年度』(欧文社 昭和11年)p 11, 12に載っていたものをそのまま入力した。ただし、漢字については、現代の表記で書いた。読みやすいように一行一行離して入力した。

【私がつくった解説】
gerund 動名詞
saying 名詞 言い習わし。ことわざ。格言。


特に断りがないところは、『新英和中辞典 第7版』(研究社。第7版第8刷 2010年1月)を参考にした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昭和11年度 海軍機関学校の入試の英語 その1 Transition/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる