Transition

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和36年度慶応大工学部の入試問題の下線部の英文和訳問題

<<   作成日時 : 2013/04/28 16:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和36年度慶応大工学部の入試問題の下線部の英文和訳問題を載せる。


Man's last unknown sea, the ice-mantled Arctic Ocean, has yielded to the Atomic Age. Across the top of the world, lies a maritime highway of tomorrow-strategic, commercially promising, and, I am convinced, safe. (1) For centuries the Arctic Ocean has remained almost as unmapped as the far side of the moon. (2) Even less than a couple of years ago, the concept of a submerged shipping route through the Arctic might have been dismissed as science fiction.

Today it is a distinct possibility. (3) In four nuclear submarine cruises - three by Nautilus, one by Skate - that ocean has been sounded out, ice and bottom, to such an extent that we can now say that a new transocean route has been opened between Pacific and Atlantic.

【解答】
(1) 幾世紀もの間, 北極海は月の裏側と同様, その地図はほとんど描かれないままに残されてきた。
(2) 北極海を通っての潜水航路という考えは, つい数年にもない以前には, 科学的空想として無視されていたかもしれないのである。
(3) 4回にわたる原子力潜水艦による巡洋航海において・・・・・・その北極海は、氷も海底も測定されてしまい, かくして太平洋と大西洋の間に新しい大洋横断航路がひらかれるに至ったと, 言うことができるほどまでになった。
 

↑問題と【解答】は、国立国会図書館にあった本をそのまま載せた。ただし、何という本であったかはあいにく記録し忘れた。ただし、【解答】は、原文には「北極洋」、「原子核潜水艦」と書いてあったがそれぞれ「北極海」、「原子力潜水艦」と入力した。

【全訳】
 人の最後の知られてない海、つまり、氷でおおわれた北極海は、原子力時代に屈してしまった。世界の頂上を横切って 明日の戦略的な、商業的に見込みがあり、そして、私は確信しているが、安全な、1つの海の高速道路が ある。何世紀もの間 ずっと 北極海は 月の遠い方の側とほとんど同じぐらい 地図になっていないままだった。(→幾世紀もの間, 北極海は月の裏側と同様, その地図はほとんど描かれないままに残されてきた。) 2, 3年前よりも少ない年月の過去のときでさえ、北極海を通っての 1つの潜水の航路の概念は SFとして無視されてしまったかもしれない。(→北極海を通っての潜水航路という考えは, つい数年にもない以前には, 科学的空想として無視されていたかもしれないのである。)
 
 今日 それは 1つの明白な可能性である。 4回の原子力潜水艦の巡洋航海ーNautilusによって 3回、Skateによって1回ーの中で その海は 水深を測られてしまった、つまり、氷と海底の水深が測られてしまい、私たちは 今 1つの新しい大洋間の航路が 太平洋と大西洋の間に開かれてしまったと言うことができる程度まで水深が測られてしまった。(→4回にわたる原子力潜水艦による巡洋航海ーNautilusによって 3回、Skateによって1回ーにおいて、その北極海は、氷も海底も測定されてしまい, かくして太平洋と大西洋の間に新しい大洋横断航路がひらかれるに至ったと, 言うことができるほどまでになった。)   

↑私が直訳に近い形で訳したもの。

【解説】
man [無冠詞で総称的に](動物と区別して)人。人間。
((用法:近年、この意味ではhumans, the humankindなどを用いる人が増えている))
Man is mortal. 人は死ぬべき運命である。 → 人は死を免れない。
Man cannot live by bread alone. 人はパンのみにて生きるにあらず。((聖書[ルカ伝]から))
mantle 〜 〜をおおう
The roofs were mantled with snow. その屋根は 雪で おおわれた。 → 屋根は一面に雪でおおわれていた。
the atomic age 原子力時代
Across the top of the world, lies a maritime highway of tomorrow-strategic, commercially promising, and, I am convinced, safe.は
A maritime highway of tomorrow-strategic, commercially promising, and, I am convinced, safe lies across the top of the world.(明日の戦略的な、商業的に見込みがあり、そして、私は確信しているが、安全な、1つの海の高速道路が 世界の頂上を横切って ある。)
ではバランスが悪いので倒置をした文である。

文のバランスのための倒置
 強調というよりも, 文のバランスのためと考えるべき場合もある。
 On the top of the hill stood an old castle.
(丘の頂に古城があった)
 Under the road run pipes for gas and water.
(道路の下にはガス管と水道管が通っている)

↑『徹底例解 ロイヤル英文法 改訂新版』(旺文社。重版発行 2003年)p 771

maritime 海の
strategic 戦略的な
promise 〜 〜を約束する。〜の見込みがある
His boyhood promised much.
彼の少年時代は 多く 見込みがあった。 → 彼の少年時代は大いに将来に希望を抱かせた。
convince 〜 〜を確信させる
lie 横たわる。ある。
Mt. Fuji lies west of Tokyo. 富士山は 東京の西にある。 → 富士山は東京の西方にある。
far (二者のうちで)遠いほうの
on the far side of the room 部屋の遠いほうの側に
map 〜 〜の地図を作る
The area has not been mapped.
その地域は 地図を作られていない。 → その地域はまだ地図になっていない。
a couple of 〜 2, 3の
submerge 〜 〜を水中に沈める
This part of the village will be submerged. 村のこのあたりは冠水するだろう。
ship 〜 〜を輸送する。〜を船で送る(運ぶ)。
A vast quantity of food was shipped to Africa. 大量の食料がアフリカへ向けて船で送られた。
dismiss 〜 〜を解雇する。〜を簡単に片付ける。〜をおしまいにする。
The possibility is not lightly to be dismissed. その可能性は無視すべきでない。
cruise クルーズ。巡洋航海。巡航。船(ヨットなど)での周遊。
sound 〜 〜の水深を測る
extent 広さ。程度。範囲。
to such an extent that 〜 〜という程度まで。〜という点で。

↑私がつくったもの。特に出典を書いていないものは『新英和中辞典 第7版第2刷』(研究社。2003年5月)を参照した。

ノーチラスは1952年6月14日、コネチカット州のエレクトリック・ボート社で建造が開始され、1954年1月21日にアイゼンハワー大統領夫人、マミー・アイゼンハワーを迎えて進水式が行われ、同年9月30日に就役。 1954年12月30日、ノーチラスの原子炉は初めて臨界に達し、翌1955年1月3日に初めて全力運転を行う。 〜 1958年8月3日、潜航状態で北極点を最初に通過することに成功した(この時には、「ノーチラス、北90度」と打電している。前者と共に、この信号も有名である)。この際は太平洋からグリーンランドへ抜ける航路であった。

↑ノーチラス (原子力潜水艦)のWikipedia

ノーチラスの成功を踏まえた、米海軍初の量産型原潜。本級の運用により、米海軍は、原潜および原潜艦隊の本格的運用という貴重な経験を手に入れた。



本級の功績としては、北極海の氷海における原潜の行動能力を実証したことにある。北極点の潜航通過を果たしたのみだったノーチラスに対し、スケート(SSN-578 Skate)は、1958年8月、北極海で最初の本格的な作戦行動を実施し、開氷面に浮上、翌1959年3月には、初めて冬季の北極圏における作戦行動を実施した。1962年7月には、スケートとシードラゴン(SSN-584 Seadragon)は北極圏で会合し、最初の氷海戦闘演習を実施した。

↑スケート級原子力潜水艦のWikipedia

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
昭和36年度慶応大工学部の入試問題の下線部の英文和訳問題 Transition/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる